在ルーマニア日本国大使館
Embassy of Japan in Romania

演劇的舞踊「NOISM」公演(Intalnirile JTI)のご案内

 

  新潟に拠点を置くダンスカンパニー「NOISM」による、演劇的舞踊「ラ・バヤデール 幻の国」他の公演がブカレストとシビウで行われます。NOISMは、日本初の劇場専属舞踊団として2004年に設立されました。舞踊部門の芸術監督に金森譲を迎え、新潟を拠点に国内各地や海外でクリエイティブな活動を続けています。
 「ラ・バヤデール 幻の国」はオペラやバレエで知られる「ラ・バヤデール」に基づき、劇作家の平田オリザがNOISMのために書き下ろした作品です。物語の舞台となるのは草原の国「マランシュ」。幻の国で起きる出来事に、政治、宗教、民族など現代社会の抱える問題を反映させた作品です。NOISMの舞踏家たちの素晴らしい身体運動はもちろん、イッセイ・ミヤケブランドのデザイナーによる豪華な衣装も見所です。
 シビウでは1月に国内で上演が始まったばかりのNOISM最新作、「マッチ売りの話+Passacaglia(パッサカリア)」がラドゥスタンカ劇場で二日間にわたり上演されます。
 
この公演は、国際交流基金の派遣、JTIの協賛により、「IntalnirileJTI」シリーズとして、日本大使館、Art Production Foundation、ラドゥスタンカ劇場の共催で行われます。

●NOISM公演詳細
ブカレスト「ラ・バヤデール 幻の国」
日時:2017年3月30日(木曜日)19:00~ 
場所:ブカレスト国立劇場大ホール

シビウ「マッチ売りの話+Passacaglia」
日時:2017年4月5日(水曜日)、4月6日(木曜日)19:00~
場所:ラドゥスタンカ劇場

●チケット入手先(ラ・バヤデール)
ブカレスト国立劇場(電話 0213147171)
チケット:一等席・・・200レイ、二等席・・・150レイ、三等席・・・70レイ
Eventimネットワーク(Orange, Vodafone, Germanos, Carrefour, OMV, Carturesti, Humanitas, Diverta)
または、サイト(www.eventim.ro www.mystage.ro

 

 

(了)


 

 

 

(c) Embassy of Japan in Romania