新型コロナウイルス感染のルーマニアにおける現状等について(5月6日の感染状況等)

2021/5/6
●5月6日発表の一日当たりの新規感染者数は,1,632人,死亡者数が94人となり,感染者数については,イースターの連休も影響して,連日かなり減少しています。しかし、死亡者数はあまり減っていないほか,集中治療を受けている患者が1,100人となっています。
感染者数の減少は,季節的な理由に加え,ワクチン接種が進行した結果と思われます。引き続き感染防止にご注意ください。
●ルーマニアでは,ワクチン接種が進行しており,8日(土)からは,毎週末の金~日の3日間は,ルーマニアに合法的に滞在している身分証を持参の上,予約無しで接種できることが発表されました。
予防接種を受けるかの判断に当たっては,予防接種による感染者予防の効果と副反応のリスクの双方について十分ご理解頂いた上で,最終的には各国当局のホームページ等による最新情報を参考に,ご自身で判断・確認いただくようお願いします。
 
1.ルーマニア国内の新型コロナウイルス感染状況
(1)5月6日13時時点での内務省傘下の戦略コミュニケーション・グループの発表によれば,ルーマニア国内での新型コロナウイルス感染者数は,累積1,062,527人,前日からの増加は,1,632人。死亡者数は,累積28,710人で,前日からの増加94人。新規感染者数は,イースターの連休も影響して,連日かなり減少していますが,死亡者数は変動が少なく,また,集中治療を受けている患者は,1,100人と1,000人以上の期間が長期間継続していることにも注意が必要です。引き続き,マスク着用,手洗い励行,人混みを避ける等の最大限の注意をしてください。
 
以上の統計は,ルーマニア保健省国立公衆衛生研究所の以下のウェブサイトから最新情報が確認できます。
https://instnsp.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/5eced796595b4ee585bcdba03e30c127
 
(2)6日現在で,直近14日間の1,000人あたりの新規感染者数の割合が3人を超えている県はなく,ブカレスト市の2.07人が最多となっています。また,ルーマニア全土でも1.35人に低下しました。このため,レストランの屋内営業,モール,劇場に対して,30%までの人数を入れることが許可される等,徐々に緩和されています。
 今後は,さらに数字が低下することが予想されており,レストランやホテル並びに職場については,ワクチン接種済みの者を対象に,6月1日から100%の人数での営業(出勤)許可及びマスク不要とする可能性について,クツ首相が5月4日及び5日に発言しています。
 
2.ワクチン接種について
(1)5月5日までに,ルーマニアではファイザー,モデルナ,アストラゼネカ,ジョンソンアンドジョンソンの4種類のワクチンを,合わせて約345万人に接種しています。また,副反応の総数は約14,400人となっています。
 
(2)6日,ルーマニア政府当局は,8日以降の毎週金,土,日の3日間は,8~20時までの間に,予約なしでワクチン接種ができることを発表しました。また,60歳以上の者は全日,それ以下の年齢の者は14~20時の間に限定して対応するとしています。
 なお,ワクチン接種のためには,ルーマニアに合法的に滞在していることを証する身分証を提示する必要がありますので,会場には身分証をお持ちください。
 
本件に関する,ルーマニア政府当局のプレスリリースのリンク先を以下にご案内します。
https://vaccinare-covid.gov.ro/wp-content/uploads/2021/05/Comunicat-vaccinare-cu-CI-05.05.2021-complet.pdf
 
(3)予防接種を受けることの判断に当たっては,予防接種による感染者予防の効果と副反応のリスクの双方について十分にご理解頂いた上で,最終的には各国当局のホームページ等による最新情報を参考に,ご自身で判断・確認いただくようお願いします。
 
【問い合わせ先】
在ルーマニア日本国大使館領事部
電話:+40-21-319-1890
メール:consular@bu.mofa.go.jp