ルーマニア外務省及びルーマニア音楽協会との共催による本使公邸でのイタリア新大使歓迎音楽会の開催

2021/9/14
イタリア音楽祭1 ピアノ:マダリナ・バショル、バリトン:ヴァレンティン・ヴァシリウ
イタリア音楽祭2 コンサート終了後、挨拶をするドゥランテ=マンゴーニ伊大使
イタリア音楽祭3 (左から)ブトゥノイウ音楽協会会長(共催者)、ヴァレンティン・ヴァシリウ(バリトン)、伊大使夫妻、音楽一家バショル家母子とマリア・マレシュ(ピアノ)、本使
 14日、本使は、新任のドゥランテ=マンゴーニ伊大使夫妻を公邸に招き、当地外務省儀典局及びルーマニア音楽協会と共催で歓迎音楽会を開催しました。当地では新任大使の歓迎音楽会をルーマニア外務省儀典局及びルーマニア音楽協会が中心に各国大使館と共催で実施することが慣例となっています。新型コロナウイルス新規感染者が増加する中での開催となりましたが、人数を制限した上で、ルーマニア政府の感染防止措置に沿って開催いたしました。
 参加者には、ニストール大統領補佐官、プラログ首相補佐官、フェルーツァ外務次官、ガデジャヌ=ギョルゲ外務省儀典長等のルーマニア要人が含まれ、ブラジル大使、スロベニア大使、スイス大使他が参加しました。
 また、ルーマニア音楽協会所属の音楽家によるピアノ、チェロ、声楽の演奏が行われ、終始和やかな雰囲気で当該音楽会を終了し、音楽会終了後には懇親のためのカクテルパーティーを行いました。後日、別の機会で同席したドゥランテ=マンゴーニ伊大使から本使に対し、非常に良い歓迎音楽会であったと謝意が表明されました。