在外公館長表彰の授与

2022/4/9
4枚目 ©Lavinia Hutanu
6枚目 ©Lavinia Hutanu
  4月9日、ルーマニア国立オペラ座において、バレエ団プリンシパルの奥野凜氏に在外公館長表彰の授与を行いました。
 奥野凜氏は2012年よりルーマニ国立オペラ座バレエ団に所属し、バレエダンサー最高位であるプリンシパルを務めています。当地において10年近くダンサーとして活躍し、他の日本人バレエダンサーを先導する存在です。またバレエ団での活動に加え、日本文化行事において、当地の和太鼓グループと日本文化の要素を取り込んだバレエを披露するなど、バレエを通じ、日本とルーマニアの相互理解・友好親善の促進、日本文化の普及に貢献しました。
 式典で植田大使は、これまでの功績を称え感謝の意を伝えるとともに、今後もルーマニアと日本の架け橋として活躍されることを期待する旨述べました。