令和3年秋の外国人叙勲

2021/11/8
令和3年11月3日(日本時間)、日本政府は、令和3年秋の外国人叙勲受章者を発表し、この中でアウレリアン・ネアグ元駐日大使が叙勲されることが公表されました。同氏は、日ルーマニア間の関係強化及び友好親善に寄与した功績が認められ、このたび、旭日重光章を受章することとなりました。この叙勲の内容は、以下のとおりです。
・賞賜    :旭日重光章
・功績概要  :日ルーマニア間の関係強化及び友好親善に寄与
・氏名    :アウレリアン・ネアグ(62歳、男)
・主要経歴  :元駐日ルーマニア大使
・国籍、現住所:ルーマニア、ブカレスト市
ネアグ元駐日大使は、平成17年から平成22年に駐日ルーマニア大使として政務、経済、二国間交流・文化、それぞれの分野で二国間関係の更なる発展に大きく貢献した他、2005年日本国際博覧会のルーマニア館館長として、ビジネス分野を始めとする人物交流に大きく貢献し、日本におけるルーマニアの理解促進に寄与しました。また、当地外務省日本担当として両国間の人的交流、当地における対日理解の促進、知日家育成に尽力されました。