日本の運転免許からルーマニアの運転免許への切替 並びに 切替時における日本の免許証の取扱について

2021/1/29
 在ルーマニア日本国大使館領事班
 
1 日本人がルーマニアに90日以上滞在する場合(ルーマニア滞在許可を取得した場合)は,日本の運転免許からルーマニアの運転免許に切り替えることができます。 オプションとしては、有効な日本の運転免許と有効な国際運転免許をもっていればそれでもルーマニアで運転できますが、国際運転免許の有効期間が1年しかないので、ご注意ください。
 
 切り替えの申請は各住所地を管轄する運転免許当局に対して行います。各県の支部への窓口の出頭はでこちらでオンライン予約ができます
 
 当局によると,申請に際しては次のような書類が必要であるとされています(リンクはこちら;ルーマニア語ページ)。ただし,内容は予告なく変更される可能性がありますので,実際に申請する際に当局に改めて確認して下さい。
【必要書類】
(1) (ア)ルーマニア免許に切り替えようとしている日本の免許証の原本,そのコピー及び認証を受けたルーマニア語訳。
  ルーマニア法務省公認の翻訳者作成の翻訳を求められた場合にはこちら(一例)。同翻訳者が作成した翻訳(有料)の有効性については事前に十分に当局に確認して下さい。
  日本の免許証の原本を提出する前に有効期限を必ず確認して下さい。

(2) パスポートとルーマニア滞在許可証といった身分証。
(3) 所定の申請書。このページからダウンロードできます。
(4)運転免許発行手数料89レイの支払い領収書。窓口に行く前に支払いを済ませる必要があります。支払い方法の説明はこちらにあります(ルーマニア語)。
 
(5)指定された病院で取得した健康診断書の原本及びそのコピー。「自動車の運転に適している」という結びの文言が必要。
注:当局は指定された病院が分かるようなリストを作成していないため,インターネットで「Lista unitţilor de asistenţă medicală autorizate pentru examinarea ambulatorie a candidaţilor la obţinerea permisului de conducere şi a conducătorilor de autovehicule(運転免許証のための健康診断を実施している病院の意)」とお住まいの県の名前を入力して検索して下さい。2020年10月現在のリストはこちら
 
以上の書類の提出の際、窓口で顔写真も取られます。
申請してからルーマニアの運転免許証の発給まで普通30日以内かかります。出来上がったルーマニア運転免許証は郵便でご自宅の住所あてに送られますが、それについては窓口で確認されるようにお願いします。 
 
2 日本の運転免許からルーマニアの運転免許に切り替える場合には,日本の免許証(原本)をルーマニアの当局へ提出する必要があります。
ルーマニアの運転免許が発給された後ルーマニアの免許証は申請人に交付されますが,日本の免許証は申請人に返還されず当館へ送付されることになっています。
他方でルーマニアでは,ルーマニアの免許証と外国の免許証を二重で所持することが法律で禁じられているため,日本への一時帰国や本帰国,または第三国への転出される方からの申請に基づいてのみ当館から免許証を名義人に返還することとしています。なお,一時帰国される方については,ルーマニアに戻った後再度当館に免許証を返還して頂きます。
【手続方法】
・この返還に必要な書式を記入して頂き(要署名),申請はルーマニアを出発する予定日の1ヶ月前から受け付けています。
・申請に際しては必ず免許証名義人のパスポートをお持ち下さい。
・代理人による申請の場合は,名義人直筆の申請書と委任状(書式自由),名義人のパスポート,代理人の顔写真付き身分証をお持ち下さい。
 
 
 
ご不明な点があれば領事班へご連絡下さい。
電話:021-319-1890