新型コロナウィルスへのルーマニアによる緊急事態及び追加措置

2020/3/19

​新型コロナウィルスの感染に係るルーマニアでの緊急事態等(報道等)(19日)


●報道によれば、以下1のような措置もとられている由です。新型コロナウィルス関連の緊急事態への追加的な詳細措置の一部(又はその影響)かと見られます。
●上記の点他、大使館からお知らせする内容を含めて、関係の情報が頻繁に更新されています。皆様には,最新状況の把握に引き続きお努めいただけますように,お願いします。
 

1.19日付けの報道によれば,緊急事態宣言の追加措置として,以下のものも開始されている由です(当局による公表事項に含まれた措置であるかどうかは、未確認です。引き続き確認に努めます。)。
(1)食料品店,スーパーマーケット,薬局を除く,全ての商店の、緊急事態宣言実施期間中の営業停止。
(2)宝くじの停止。
(3)ブカレスト市内の公共交通機関につき、バス,トロリーバス,トラムは25%の運行削減。メトロは15~20%の運行削減の予定。

新型コロナウィルスへのルーマニアによる緊急事態及び追加措置(17日夜)


(今回は,ルーマニア政府が導入した緊急事態宣言(16日)と内務省から発出の追加措置(17日夜)等に絞ってお伝えします。新型コロナウィルスをめぐる動向全体については,追って別途お伝えします。)
●16日,ルーマニア政府は大統領令で緊急事態の実施を開始しました。全国で30日間にわたって施行されています。具体的内容は,以下1.のリンク先をご覧下さい。
●17日21時,ルーマニア内務省傘下の戦略コミュニケーショングループは,緊急事態宣言の新たな措置を発表しました。詳細は,以下2.をご覧ください。
●ルーマニアへの渡航に対しては,我が国の感染症危険情報「不要不急の渡航は止めてください。」が発出されています。また,ルーマニア政府は,日本からの渡航者に対する14日間の自主(自宅又はホテル)隔離措置をとっています。
●ルーマニアと諸外国間の航空便等のキャンセルが増大しています。常時航空会社に確認することをお勧めします。
●上記の点他、大使館からお知らせする内容を含めて、関係の情報が頻繁に更新されています。皆様には,以下にお知らせのリンク先にアクセスする等,最新状況の把握に引き続きお努めいただけますように,お願いします。
 
【本文】
1.緊急事態宣言の内容については,以下の当館HPのリンクをご覧下さい。
https://www.ro.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00027.html
 
なお,日本語訳は,当大使館で取り急ぎ作成したもので,十分正確とは限らないおそれもありますので,御留意をお願いします。
 
2.3月17日21時,ヴェラ内務大臣及びアラファト緊急事態庁長官等で構成される戦略コミュニケーショングループが会見を行い,緊急事態宣言の新たな措置について,以下のとおり発表しました。
(1)レストラン,バー,ホテル,カフェ等における飲食を提供する営業の停止(デリバリー,ドライブイン,ルームサービスを除く。)。
(2)全ての文化,科学,芸術,宗教,スポーツ,娯楽,温泉等に係る活動の停止。
(3)100人以上が参加する屋外事業の禁止。また,100人未満の屋内の活動については,各自1m以上の間隔をとることを義務付け。
(4)3.5トン以上の輸送トラック運転手が国境を通過するには,手袋,消毒液,マスク等を使用し,目的地までのルートを書いた証明書を提示する。また,「レッドゾーン」又は「イエローゾーン」から(経由を含む)到着する場合は,新型コロナウィルスの症状がない限り,隔離対象とならない。
(5)イタリア・ルーマニア間の商業旅客機の停止を,3月23日から14日間延長。スペイン・ルーマニア間の商業旅客機を18日18時から14日間の停止。ただし,国の飛行機,貨物機,人道又は緊急医療用及び非商業的かつ技術的なものには,適用されない。
(6)17日から,運転免許の試験が,30日間停止(延長の可能性あり)。内務省窓口作業を縮減。
以上のとおりですが,新たな措置が追加される可能性もありますので,皆様におかれては,最新の情報をご確認願います。
 
3.17日にルーマニアを含む欧州各国の感染症危険情報が更新され,ルーマニアにはレベル2「不要不急の渡航は止めてください。」が発出されました。これからルーマニアへの観光等の目的での渡航を予定している方には,おやめいただけるようにお願いします。また,既にルーマニアに滞在中の方は、目的が観光等の場合には、ルーマニアを出国されるよう、お願いします。
 
詳細は以下のリンク先でご確認願います。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T064.html#ad-image-0
 
4.18日現在,ルーマニアが他国からの入国者に対してとっている入国関係の規制等の措置の内容は、以下のルーマニア保健省国立公衆衛生研究所のウェブサイトの通りです。
ルーマニアへの入国に際して、14日間のそれぞれ検査隔離又は自主隔離(自宅又はホテル)の対象となりますので,ご注意ください(加えて、ルーマニアについて感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください。」の発出及びEUによる入域規制の検討にも、御留意下さい。)。
 
以上の情報は,ルーマニア保健省国立公衆衛生研究所の以下のウェブサイトから最新情報が確認できます。(中央下のLista Zone afecte)
http://www.cnscbt.ro/
 
【問い合わせ先】
在ルーマニア日本国大使館領事部
電話:+40-21-319-1890
メール:consular@bu.mofa.go.jp